エロ漫画の表現 | アダルト動画とエロ漫画について

エロ漫画の表現

エロ漫画では非現実的なシチュエーションで性行為が展開されることも多いです。
最終的なエロ漫画の目的は性的欲求を満たすことにあるため、多少無理のある展開でも問題はないとされています。
あまりにも展開が突飛な場合は、愛好者の間で話題になったりエログで特集されることもあります。日本のエロ漫画に登場する受身となるキャラの多くは学生的なルックスをしていたり、年齢より幼く見えるというものが多い傾向にあります。
アダルトビデオが普及している時代から、美少女を対象にした作品などは多く、日本の作品には可愛らしさや華奢を強調したキャラが登場しています。

エロ漫画やアダルト動画では、現実社会をモチーフとしない世界で展開される話も多いです。
アダルト動画の場合は企画物と呼ばれ、特撮ヒーロー風であったりくノ一をモチーフとしたものなどがあります。
エロ漫画の場合は、異国の舞台や空想世界、架空の生き物が存在する現代社会などがあります。また、精液や射精、オーガズムに関する描写もファンタジーだという説があります。
男性の一回の射精で排出される精液は実際には目に見えて多いわけではないですが、二次元においてはかなり大量に描写されることが多いです。
これはビジュアル面で性的興奮を促すことを目的としていたり、ひとつの作品で性的シーンを増やすために射精回数を増やしたりすることを目的としているからです。

男性向けのエロ漫画と女性向けのエロ漫画では、同じ題材でも描写の方法が変化する傾向にあります。
服の脱がし方でも違いがあり、描いている作家によっても多少のくせが現れます。また、女性向けのエロ漫画には男性同士の恋愛や性行為を描いたボーイズラブ、やおいというジャンルが存在します。
受身となるのは美少年であることが多いですが、時には年齢を重ねた男性や筋肉質の男性であることもあります。
また、男性の同性愛者向けにゲイポルノなどもあり、これはアダルト動画でも多く見受けられます。

自身で作成、公開しているホームページやイラスト投稿サイトなどでもエロ漫画を閲覧することができます。
ネットに公開する場合は、サーバーや投稿サイトの利用規約を読み、同意しておく必要があります。多くのサーバーではアダルト作品の展示は禁止しており、そういった作品を公開する場合はアダルト専門サーバーを利用しなければなりません。
イラスト投稿サイトの場合は、アダルト指定にしておきサイトが用意したフィルターを任意で外したユーザーにしか見えないようにしています。

同人誌では、既存の作品を題材にした二次創作と作家自身のオリジナル作品である一次創作が存在します。
アダルト作品では比較的一次創作も多いですが、同人誌のイメージは二次創作が強い傾向にあります。ちなみに、もともと同人誌という言葉はアマチュア作家やプロ作家がサークルを組んだり、個人で作った本であり一次創作の小説などが一般的でした。
コミックマーケットや漫画文化の普及により、同人誌は漫画や二次創作を象徴する言葉となりました。