動画の進出

girl wearing black panties

アダルト動画は元々はVHSなどのビデオテープやピンク映画から発展したものです。
まだビデオデッキなどが普及していなかった昭和中期は、ピンク映画などが作られており専用の映画館などで上映されていました。
ビデオデッキの登場により、徐々にアダルト作品は家庭で楽しむものとなり、昨今ではネットを通じてアダルト動画を視聴するのが一般的になっています。

アダルト動画では修正済みと無修正のものがあり、無修正の動画は海外サーバからの提供になります。
日本ではアダルト動画やビデオに関しては、独自に規制を設けており、露骨な性器の露出などは自主規制として修正されています。

ビデオと動画の違いは、媒体が存在するかどうかということです。
ビデオの場合はテープなどの媒体が存在し、その媒体をデッキやプレーヤーにセットすることで再生しています。
これはDVDでも同じであり、巻き戻しや早送りがより簡潔化され利便性が上がりました。

動画の場合はデータをパソコンやネットサーバーに保存するのが一般的であり、ディスクなどの媒体を利用することはあまりありません。
そして、再生中はシークバーが表示され(非表示にすることも可能)そのバーを動かすことで任意の場面を選ぶことができます。
ただし、ネット経由の場合は読み込みが必要なため、環境と動画の重さによっては読み込み場面が多発することもあります。